よくある質問(Q&A)

サイトについての質問

測定についての質問

認知症についての質問


サイトについての質問

サイトでは何ができますか

認知機能の測定や、認知症のコラムなどをみることができます。測定は有料となり、サイトに登録が必要ですが、それ以外は登録は不要です。

現在、無料お試しキャンペーン中のため、登録されている利用者1名が、1回だけ測定を無料で受けることができます。
※利用者ごとに1回ではありません。無料で受けた後、その利用者を取り消しても、再度無料で受けることはできません。

▲ページ上部へ戻る

料金はどれくらいかかりますか

登録やコラムは、無料です。
測定を受けるために、毎月自動引き落としの1,080円(税込)か、1ヶ月券の1,620円(税込)がかかります。

詳しくはこちら
※ご覧いただくにはログインが必要です。

現在、無料お試しキャンペーン中のため、登録されている利用者1名が、1回だけ測定を無料で受けることができます。
※利用者ごとに1回ではありません。無料で受けた後、その利用者を取り消しても、再度無料で受けることはできません。

▲ページ上部へ戻る

親に使ってもらいたいのですが、かわりに登録や支払いはできますか

かわりに登録や支払いができます。

登録者=利用者でなくて良いので、受けてもらいたい人の情報を入力してください。

サイトを利用するためには、メールアドレスとパスワードが必要です。受けてもらう人に情報を伝えてください。

支払いは、ページ上部にある「設定」ボタン内の「自動更新の契約」より、毎月の自動引き落としから可能です。

▲ページ上部へ戻る

家族全員で使いたいのですが、別々に登録する形になりますか

最大で5人までは、別に登録をせず、ログイン後に利用者の追加を行うことで、同じメールアドレスとパスワードで利用できます。

利用者を取り消すことも可能ですが、同時に今までの結果も削除されます。

自動更新の契約を行うことで、登録した5人が一律の料金で利用できます。

詳しくはこちら

▲ページ上部へ戻る

6人以上で利用したいのですが、どうすればいいですか

6人以上で利用される方は、別に登録をお願いします。

1登録あたり、5人までの利用とさせていただいております。

▲ページ上部へ戻る

登録情報、メールアドレス、パスワードを変更するには

「設定」メニューの「利用者情報の変更」「メールアドレスの変更」「パスワードの変更」で、変更したい内容を変更できます。生年月日と性別については、任意で変更することができません。
(データの信憑性を担保するため)
変更が必要な場合は、理由を記載したうえで、お問い合わせをお願いします。

▲ページ上部へ戻る

退会するには

「設定」メニューの「退会手続き」から退会ができます。

退会すると、今まで測定した情報などが全て削除されるため、料金の支払いのみをやめ、無料会員状態にすることをお勧めします。

▲ページ上部へ戻る

メールマガジンを受け取る/受け取らないようにするには

「設定」メニューの「メールマガジンの受信設定」から変更ができます。

「会員登録情報」「決済情報」などの重要なお知らせについては、メールマガジンの設定に関わらずお送りしています。

▲ページ上部へ戻る

口座振替日はいつになりますか

お客様のご利用分は25日に請求をしています。

具体的な引き落とし日については、ご利用のカード会社により異なりますので、ご確認ください。

▲ページ上部へ戻る

登録したのですが、サイトが利用できません

サイトの登録には、メールによる認証が必要です。認証メール内に記載があるURLをクリックすることで、登録が完了します。

登録認証のためのメールが届いているかをご確認ください。(スパム扱いになっている場合もありますので、そちらもご確認ください)

以下から、認証メールを再送信できます。

認証メール再送信

メールアドレスに誤りがあった場合は、お手数ですが再度登録をお願いします。

▲ページ上部へ戻る

サイトの対応環境などを教えてください

以下の環境に対応しています。

対応OS: Windows, Mac
対応ブラウザ:
  • Internet Explorer: 7以降
  • Safari: 最新版
  • Firefox: 最新版
  • Chrome: 最新版
モニター解像度: 1024×768ピクセル以上

ご自身の環境をご確認の上ご利用ください。

▲ページ上部へ戻る

サイトを印刷したい

ブラウザの印刷機能をお使いください。

ブラウザの設定で、「背景を印刷する」設定にすることで、画像も印刷されるようになります。
※Chromeは背景を印刷する機能が無いため、印刷する場合は別のブラウザをご利用ください。

測定についての質問

測定の利用の流れを教えてください

測定を受けるためには、会員登録が必要です。登録後、料金を支払うことで、測定が受けられます。

測定を受けた結果については、ページ上部にある「結果を見る」ボタンを押すことで確認できます。

現在、無料お試しキャンペーン中のため、登録されている利用者1名が、1回だけ測定を無料で受けることができます。
※利用者ごとに1回ではありません。無料で受けた後、その利用者を取り消しても、再度無料で受けることはできません。

▲ページ上部へ戻る

測定はどういった効果があるのでしょうか

脳の認知機能の状態を調べることができます。

認知機能が低下することで、認知障害がおき、いずれは認知症となる可能性があることから、認知機能を測ることは、認知症の危険性などを知る目安としての効果が期待できます。

医療行為ではないため、結果が良くても悪くても、気になることがある場合は、医師に相談してください。

▲ページ上部へ戻る

測定の信憑性はどうなっていますか

認知症かどうかを測定する国際的な手法であるMMSEと、使用している認知機能バランサーの結果が相関することを纏めた論文を発表しています。認知機能を測ることについては、信頼に足る根拠があると考えています。

発表済みの論文

  • 健康な高齢者の認知機能を予測するためのコンピューター化された評価ツール
    (原題)Computerized Assessment Tool for Healthy Elderly Persons as a Predictor of Cognitive Function
    →「Jikeikai Medical Journal 57巻」に掲載
  • 健康な高齢者のためのコンピューター化された評価ツール『認知機能バランサー』の有効性と信頼性
    (原題)Validity and reliability of a computerized cognitive assessment tool ‘Higher Brain Functional Balancer’ for healthy elderly people
    →「認知神経科学 Vol.12」に掲載
▲ページ上部へ戻る

測定は何度も受けたほうがいいですか

認知機能バランサーは、定期的に測定を行うことをお勧めしています。
長い期間をかけ、認知機能の状態を測ることにより、ご自身の生活と認知機能の関係性や、認知機能の変化を捉え、脳の異変に気づくことができるため、定期的に長い期間測定されることをお勧めします。

▲ページ上部へ戻る

測定を途中でやめてしまったのですが、どうすればいいですか

測定が途中で終わった場合、その測定を改めて最初から受けることができます。サイトにログインすると、中断されていることを知らせるページが表示されますので、その指示に従ってください。

▲ページ上部へ戻る

過去の結果はいつでも見られますか

1度受けた測定の結果は、ページ上部にある「結果を見る」から確認ができます。過去に受けた結果が一覧できますので、結果の変化をご確認ください。

▲ページ上部へ戻る

測定が受けられません

以下のことが考えられます。
  1. 料金が支払われていない
  2. Flash Playerが最新でない
別の理由でエラーなどが出る方は別途お問い合わせください。
▲ページ上部へ戻る

認知症についての質問

認知機能とはなんですか

社会生活を送るために必要な脳の機能です。主に以下の5つがあります。
  1. 今のことを覚える力(ワーキングメモリ)
  2. 物語を覚える力(エピソード記憶)
  3. 計画力(遂行機能)
  4. 注意力
  5. 場所と時間がわかる力(見当識)
それぞれ衰えてくると、物忘れが起きたり、
自分が居る場所がわからなくなるなど、認知障害が起こります。

測定で認知機能を測り、状態を調べましょう。

▲ページ上部へ戻る

認知症って何ですか

脳の病気が原因で、考えたり、記憶したり、判断する脳の機能(認知機能)が低下して、生活に支障が出る状態のことです。いくつかのタイプがあります。

アルツハイマー型認知症
脳の神経が壊れて減ってしまうことで症状が出るタイプです。

脳血管性認知症
脳の血管が詰まったりして、脳の働きが低下することで症状が出るタイプです。

早期に発見し、対策をとることで、症状の進行を遅らせられると言われています。

▲ページ上部へ戻る

物忘れがありますが、認知症でしょうか

物忘れの仕方によって、原因がわかるといわれています。
  1. 年齢による物忘れ
    →物忘れしていることに気づいている
  2. 認知症が原因の物忘れ
    →物忘れしていることに気づいていない!
心配な方は、医療機関を受診することをお勧めします。
▲ページ上部へ戻る

認知症かどうか、どうやって判断すればいいですか

速やかにお近くの医療機関に相談してください。

認知症について疑わしい場合は、お近くの医療機関にある、
「物忘れ外来」などを受診することをお勧めします。

脳測では認知機能の状態を測ることはできますが、
認知症の診断はできません。

▲ページ上部へ戻る

認知症について詳しくなるには

脳測のコラムを読むことや、医師に相談するなど、幅広く情報を集めることをお勧めします。

認知症は現在も研究が進んでいる疾患です。
効果的な治療法や、トレーニング方法など、研究者によって見解が異なることもあるため、1つの説を信じるのではなく、幅広く情報を集め、総合的に判断されることをお勧めします。

▲ページ上部へ戻る